競馬の調教

中央競馬にはトレーニングセンターと呼ばれるものが存在します。
トレーニングセンターとは競馬において競走馬の管理・調教を行うための施設のことで、通称「トレセン」と呼ばれています。
トレーニングセンター内には競走馬を管理するための厩舎と調教のための施設、調教師や騎手の住居などが存在し、競馬のコミュニティを形成しているといってよいでしょう。
中央競馬には茨城県美浦村の「美浦トレーニングセンター」と滋賀県栗東市の「栗東トレーニングセンター」があり、美浦の厩舎に所属する競走馬を関東場、栗東の厩舎の所属馬を関西馬と呼びます。
競馬が好きな方なら一度は生で調教の様子をみたいと思うものですが、実際に見ることが出来るのかどうか調べてみました。
美浦・栗東共に施設見学は可能なようです。美浦の場合は事前予約制で1回の定員は20名、第2日曜日を除く毎週の土曜日・日曜日に、坂路コースやプールなどの施設を見学することが出来ます。調教を見たい場合は「G1調教公開」というイベントがあります。事前の応募制で定員は30名ですが、G1前の追い切りや厩舎の見学をすることもできるので、競馬が好きな方にも満足できる内容と言えるでしょう。
また、美浦では毎月第二日曜日はウマシタ(馬に親しむ日)と称して、乗馬苑で乗馬体験や馬に餌をあげるなどの、馬とのふれあいを楽しむことが出来るイベントを開催しています。小さなお子様にも喜ばれること間違いなしですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*