日本の中央競馬はJRAです

日本の中央競馬を主催する団体を「日本中央競馬会」、略称をJRA(Japan Racing Association)といいます。
日本の競馬の始まりは江戸時代末期の横浜の外国人居留地に端を発しますが、日本人による馬券の販売を伴う競馬の開催は明治時代になってからです。
日清戦争・日露戦争で軍馬の重要性を認識した日本政府が優秀な馬を選抜・育成してその技術を高めるために競馬を導入し、その資金の捻出の為に馬券の販売が開始されましたが、当時の法律では賭博行為は違法であった為、あくまで政府は黙認という形をとっていました。これを受けて日本初の公認競馬施行団体の東京競馬会が発足します。
その後、公認競馬施行団体の乱立や競馬排斥運動、馬券の販売禁止などの時代を経て、1923年に正式に競馬法が成立、馬券の販売が合法となりました。
1936年に日本競馬会が発足し、太平洋戦争をはさんで1954年にようやく日本中央競馬会(現JRA)が誕生します。
日本中央競馬会(現JRA)の初代理事長は「日本競馬の父」と言われた安田伊佐衛門です。前身の日本競馬会でも第2代理事長を務め、日本競馬のレベルアップを図るべく、イギリスを模範としてレース体系の整備を行い、クラシックレースの原型を作るために尽力しました。
その業績をたたえる為に安田の名前を冠したレースが制定され、これが今の安田記念となっています。府中競馬場にある銅像を目にしたことがある方も多いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*