競馬で儲けたお金に税金はかかるの?

「競馬で儲けたお金って、税金がかかるの?」割とよく聞かれる質問ですが、結論から言いますとYesです。残念ながら金額によっては税金がかかってしまいます。
競馬で儲けたお金は一時所得として扱われます。一時所得は最高で50万円までの特別控除がありますので、50万円を超えたときは税金の対象となり、確定申告をしなければならないのです。
具体的に言いますと、払戻金から当り馬券の購入費を引いた額が50万円を超えると課税対象になります。引かれるのはあくまで「当たり馬券の購入費」です。
例えば1万円で5点買いをして内1点が的中して配当が100倍だった場合、払戻金から引かれるのは1万円のみです。他の4万円分はハズレ馬券ですので引かれる対象になりません。
また5万円で一点買いをして配当が11倍だった場合、払戻金は55万円ですが馬券の購入費が5万円ですので、差し引き50万円でギリギリセーフとなります。
では、実際問題として競馬で高額配当を得た人は、本当に確定申告をしているかというと、そんなことはないと思われます。
払い戻しの窓口で住所・氏名を聞かれることはありませんし、税務署が競馬で儲けた人を把握するのはまず不可能でしょう。
一般市民は問題ありませんが、よくニュースなどで芸能人が大穴レースを当てたことが話題になったりすることがあります。これはさすがに税務署も動くようです。
この辺は有名税としてあきらめてもらうしかありませんね。

© 2017. "本の買取で大切なのは査定の高評価!". A theme by Sampression. Powered by WordPress.